企業アピールをしたいなら|現場シートの利用がオススメ

土嚢の使い道

土嚢袋

一般家庭でも活躍

土嚢袋は、工業用や防災対策などさまざまな用途に使うことのできる便利な資材です。土嚢袋の最もポピュラーな利用法は、中に土砂を積めて積み重ね、土塁を築くことです。建設現場や土木現場ではこの土塁によって地盤を支えたり、構造物を安定させたりします。また、自然災害の現場などでは、浸水や土砂崩れを防ぐのに用いられます。土砂や解体現場における廃材を運搬するのに使われることもあります。コンクリートがら等を運搬するにはガラ袋という専用の製品があるのですが、手軽なためしばしば土嚢袋が兼用されます。ちょっとユニークな製品としては、植生土嚢と呼ばれるものがあります。これは、土嚢袋の中に植物の種子や肥料が仕込まれている製品で、中に土を詰めて並べることで植物の発芽・成長を促します。河川の護岸工事を行った後に川岸を緑化したりするのに使われます。この植生土嚢に似た利用法ですが、最近では一般家庭で土嚢袋を使って草花や野菜などを栽培するのが流行の兆しを見せています。スペースを取らず、プランターを用意する必要もないので、主にベランダ園芸を楽しむ人たちの間で人気を集めています。土嚢袋を購入する際は、使用する期間に見合った製品を選ぶよう気をつける必要があります。一般的な傾向として、土嚢袋の耐用年数は販売価格に正比例し、高いものほど長持ちします。製品の中にはUV加工を施して紫外線への耐性を特に高めたものなどもありますが、一般品に比べると価格は高めです。

人気記事

Copyright© 2017 企業アピールをしたいなら|現場シートの利用がオススメ All Rights Reserved.