企業アピールをしたいなら|現場シートの利用がオススメ

現場の安全を守るシート

建設現場

宣伝効果ももたらされる

ビルや住宅の建築現場において必ずといっていいほど必要になるのが、建築シートです。建築シートは別名を現場シートなどとも言いますが、建築物の周囲に設置した足場を覆うようにして張りめぐらせるための布製品です。破片や粉塵が飛散するのを防止するとともに、作業員の落下事故を予防する役割も果たします。騒音対策用に使われることもあります。建築シートにはさまざまな種類がありますが、現在最もポピュラーなのがターポリンという、軟質塩化ビニールを素材とした製品です。加工しやすく、値段が安いのが特徴です。一方、ポリエステル糸に塩化ビニールのコーティングを施したタイプは、防炎性に優れているという特徴があります。さらに、軽量で光透過性の高いポリエチレンタイプもあります。素材以外の区分としては、メッシュタイプと呼ばれる製品があります。これは生地の表面に細かな穴が開いたタイプで、防音性はそれほど高くありませんが、空気が通り抜けるために風の強い現場などで使用するのに適しています。また、以前は建築シートといえば白無地または青一色のシートが用いられることが多かったのですが、最近では表面にさまざまな印刷を施すことのできるタイプが普及しています。「安全第一」といった標語はもちろんのこと、会社のロゴマークなどを印刷することでCI対策に活用することができます。さらに、分譲住宅等の建設現場であれば、物件概要や販売価格等を印刷することで広告看板としての役目を担わせることも可能です。

人気記事

Copyright© 2017 企業アピールをしたいなら|現場シートの利用がオススメ All Rights Reserved.